第19回 日本感性工学会大会 企画セッション「生命ソフトウェア」

オーガナイザ:須藤秀紹(室蘭工業大学)

「生命ソフトウェアシンポジウム」で優秀賞を受賞された先生をお招きしてご講演いただくOSを企画しました.
受賞研究について深く議論できる場です.ぜひご参加ください.


講演1
(2016年度受賞研究)

講師 石橋 賢 先生 熊本県立大学総合管理学部総合管理学科

2014年北陸先端科学技術大学院大学知識科学研究科博士後期課程修了.博士(知識科学) 同年,日本学術振興会特別研究員PDを経て,2015年より熊本県立大学総合管理学部総合管理学科講師に就任,現在に至る.感性情報メディアの創出およびグラフィックデザインの支援に関する研究に取り組む.


編集操作に着目したフォントの検索手法
Font Retrieval Method Focused on Editing Operation


スケッチ入力の検索手法は効果的である反面,個人の能力により検索結果の良し悪しが左右する.そこで,編集操作に着目した新しいフォント検索手法を提案する.ここでは,提案手法とその有効性について報告する.




講演2
(2016年度受賞研究)

講師 石川智治 先生 宇都宮大学大学院工学研究科情報システム科学専攻

1997年、北陸先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 博士前期課程了.2001年、同大学 情報科学研究科 博士後期課程了.同年、日本学術振興会未来開拓学術研究推進事業RA、北陸先端大 情報 助手を経て、2008年より、宇都宮大学大学院 工学研究科 助教.現在、宇都宮大学大学院 工学研究科 准教授.人間の多感覚統合および質感認知に関する心理物理学の研究に従事.博士(情報科学).

メッセージングによる勇気づけメソッドの基礎的検討

本講演では,現代社会にて重要な他者との協力関係の構築,を避ける傾向にある『自己充実指向者』に対する“勇気づけメソッド”の開発を目的として,これまでに実施してきた文字(視覚)情報および音声(聴覚)情報を用いたメッセージング実験の成果などについて紹介する.





日時:2017年9月11日(月)午後(90分間程度)を予定.
会場:筑波大学 東京キャンパス(文京区大塚3-29-1)

ą
Makiba Sakamoto,
2017/07/19 0:37
ą
Makiba Sakamoto,
2017/06/28 23:58
Comments